世界遺産イギリス湖水地方には、歴史、自然、文学に触れることができる跡が多くございます。このツアーでは、同行するガイドが大好きなところ、ウィリアム・ワーズワース(William Wordsworth)や、S. Tコールリッジ(S. T. Coleridge)、ビアトリクス・ポター(Beatrix Potter)、アーサー・ランサム(Arthur Ransome)など著名な作家や詩人、芸術家たちに影響を与えたところにスポットを当てます。

ツアーについて

世界遺産、イギリス湖水地方には、歴史、自然、文学に触れることのできる場所が無限にあります。そのため、私が一番よく知っていて大好きなもの、この地でインスピレーションをうけて生まれた、皆様もよくご存じの文学作品についてご案内します。

バスと船を乗り換え、ブラントウッド(Brantwood)のコニストン湖(Coniston Water)の湖畔にあるラスキンの家まで。さらに、ワーズワース(Wordsworth)が学び、ビアトリクス・ポター(Beatrix Potter)がスケッチに生かした風景があるホークスヘッド(Hawkshead)を訪れます。または、湖畔にあるビアトリクスが湖水地方で最初に購入した家、ヒル・トップ(Hill Top)を訪れるのもいいでしょう。それから、ウィンダミア湖西岸からの美しい眺望が楽しめる18世紀の観覧席、クライフ・ハイツ(Claife Heights)と、ビアトリクスが幼少期を過ごした夏の別荘があるレイ・カースル(Wray Castle)までの間を徒歩あるいは自転車で散策することができます。

歩く旅が好きな方には、モンク・コニストン・エステート(Monk Coniston Estate)のターン・ホウズ湖(Tarn Hows)を訪れると、小さな湖の向こうに東部・中央の高原のすばらしい景色が望めます。 ターン・ホウズは、ビアトリクス・ポターが最初に所有し、その後1943年にナショナル・トラストに遺贈されました。コニストンとホークスヘッドの間は、歩いて楽しむことができます。それから、ワーズワースが過ごしたレイクランドの家、グラスミア(Grasmere)のダブ・コテージ(Dove Cottage)と、ライダル湖(Rydal Water)を見下ろす丘に建つライダル・マウント(Rydal Mount)とをつなぐ、美しく歴史豊かなトレイルは、「コフィン・トレイル(ひつぎの遊歩道)」とも呼ばれています。

わたしと一緒に、ワーズワースズ・シート(Wordsworth’s Seat)と呼ばれる、詩人ワーズワースのお気に入りの特等席からライダル湖を見下ろす眺めや、ワーズワースと彼の妻が、最愛の娘ドーラ(Dora)の思い出とともに植えた数百のラッパ水仙が広がるドーラズフィールド(Dora’s Field)を歩き楽しみましょう。

  • £200 (一日)

*表示のツアー料金は、1回のツアーのガイド料です。(最大5名様まで)

お問い合わせフォーム

シークレット・文学レイクランド・ツアーに関するお問い合わせは、以下フォームに必要事項をご記入ください。お問い合わせフォームでは、お客様にはいくつかの質問にお答えいただきます。お客様のご興味やご要望に合ったツアーを調整させていただきます。ご予約いただく前に、ツアー日程と旅程で発生する追加料金(昼食代、交通費、アトラクションへの入場料など)についてお知らせいたします。



自然絶景庭園や大邸宅美術館や博物館カフェ&パブ文化お買い物郷土史・歴史文学


5分10分30分1時間、またはそれ以上