歴史ある絵のように美しい町、ケンダル。湖水地方への玄関口であり地元の石灰岩を使った「古い灰色の町」を訪れます。

ツアーについて

大迫力の13世紀の教区教会、古い橋、ヘンリー8世と縁のある眺めのいい城跡を訪れたり、登山家の間で有名なケンダル・ミントケーキの秘密に触れてみてください。

レイクランド・ライフ博物館や、ケンダル18世紀の「ヤード(yards)」で、レイク・ディストリクトの魅惑的な過去を探してください。昔、裕福な中世の邸宅の庭であったところに、革なめし職人、肉屋、染物屋や商人たちの自宅兼職場が立ち並ぶケンダルのヤード(Kendal’s yards)は、町の魅力のひとつです。

お時間があれば、ケンダルには繁華な美術工芸シーンがあります。世界的に有名なザ・クエーカー・タペストリー(Quaker Tapestry)や、全国的に高く評価されているアボット・ホール美術館(Abbot Hall)のギャラリーには、J M W ターナー(J M W Turner)、ジョン・ラスキン(John Ruskin)、バーバラ・ヘップワース(Barbara Hepworth)、18世紀の地元出身の画家、ジョージ・ロムニー(George Romney)の作品が展示されています。

サーペンタインの森(Serpentine Woods)を通り、クンズウィック・スカー(Cunswick Scar)へ向かう美しい散歩道では、レイクランド・フェルズ(Lakeland Fells)とモアカム湾の思わず息をのむ美しい眺めをご覧いただけます。そして、ケンダル近郊のレーべンス・ホール(Levens Hall)の、世界で最も古いトピアリー・ガーデン(装飾園庭)や黒いダマジカ、希少なバゴットやぎは見ものです。また、750年以上にもわたりストリックランド家の居城であり、ナショナル・トラストが所有する中世のサイズロー・キャッスルには、うっとりするような野草や水辺の庭園があり、森には野鳥や野生生物が多く生息しています。

ここは愛があふれる街です。ロマンチックな名前のフィンクル・ストリート(Finkle Street)(文字どおり「抱きしめる通り」)や、子どもたちが思いっきり遊べ、疲れた親たちがリラックスできる場として、裕福な未亡人から譲り受けた公園、ノーブルズ・レスト(Noble’s Rest)があります。観光の合間の休憩には、数多くの個性的なティーショップがあったり、野外ピクニック、ライブ音楽、コメディー、演劇が楽しめる緑豊かなスペースもあります。もちろんショッピングも楽しめますし、毎月最終金曜日にはファーマーズ・マーケットも開催されます。

ぜひタイミングよくここを訪れ、地元の人たちと一緒に楽しんでください。ケンダルでは、夏中クラシック音楽愛好家のために野外コンサートが開催され、レイク・ディストリクト・サマー・ミュージック(Lake District Summer Music)や、毎週日曜日にはザ・ブルーワリー・アーツ・センター(Brewery Arts Centre)でもお楽しみいただけます。活気に満ちた街バルも開催されています。6月のユニティ・フェスティバル、9月にはレイクス・アライブ (Lakes Alive)やトーチライト・フェスティバル、10月には国際漫画芸術祭、11月のケンダル・マウンテン・フェスティバルなど、お楽しみいただけます。

ケンダルは、ウィンダミアやセントラル・レイクス、エジンバラ、ロンドンを結ぶ拠点としても最適な場所です。

  • £120 (半日)  |  £200 (一日)

*表示のツアー料金は、1回のツアーのガイド料です。(最大5名様まで)

お問い合わせフォーム

シークレット・ケンダル・ツアーに関するお問い合わせは、以下フォームに必要事項をご記入ください。お問い合わせフォームでは、お客様にはいくつかの質問にお答えいただきます。お客様のご興味やご要望に合ったツアーを調整させていただきます。ご予約いただく前に、ツアー日程と旅程で発生する追加料金(昼食代、交通費、アトラクションへの入場料など)についてお知らせいたします。



自然絶景庭園や大邸宅美術館や博物館カフェ&パブ文化お買い物郷土史・歴史文学


5分10分30分1時間、またはそれ以上

Images courtesy of www.visit-kendal.co.uk